部位別ムダ毛処理

そのちん毛、女子をフリーズさせてるかも?

更新日:

人前で晒すことがほとんどないアンダーヘア。女子はアンダーヘアを整えるのが常識になりつつありますが、男は胸毛や腕毛は気にしても、アンダーヘアは気にしない人が多い。

でも、ちん毛って普段隠されているからこそ、いざという時に女子に引かれてしまうパーツだって知ってました?

ちん毛を処理すると、女子受けがよくなるだけではなく、いろんなメリットもあることをお伝えします!

ちん毛を処理するとこんなイイことが!

あんまりアンダーヘアには関心がないという人も、実際にちん毛を処理すると意外と快適でビックリするかも!例えばこんなイイことがあるんです。

ニオイが減る

アンダーヘアが多いと、その部分がどうしても蒸れやすくなります。蒸れは不快なだけでなく、ニオイの原因に。ニオイは雑菌が繁殖することでおこりますが、雑菌はジメジメした環境で爆発的に増えると言われています。ちん毛を処理すれば、蒸れにくくなるのでHの時に彼女に「くさ~い」と思われずにすみます!

大きく見える

アソコの大きさを気にしている男子は多いもの。ちょっとでも大きく見せたいなら、もじゃもじゃのちん毛はモノを小さく見せてしまうから損です!ある程度スッキリちん毛を減らせば、本来の大きさに見えるので自信を持てちゃうかも。

ちん毛のからまりがなくなる

実際に体験した人は多いと思いますが、ちん毛が皮にからまると痛いものです。ある程度長さを整えれば、からまることもなくなり快適ですよ。

女子に引かれない

ちん毛がジャングル状態だと、大半の女子は引きます。ちん毛が多い人の印象は「清潔感がない」「臭そう」「ギラギラしている」とあまりいいイメージがありません。 ちん毛に自信がないなら、 早めに毛を減らす準備 をしましょう。

 

ちん毛を減らす処理方法

ちん毛を減らすといっても、アンダーヘアは他のムダ毛と違い、モジャモジャしているので処理が難しいものです。またちん毛はかたく、ゴワゴワしているので、ヘタに処理するとチクチクして大変なことに!まずはおすすめの方法をいくつかピックアップするので、自分に合う方法を見つけてください。

電気シェーバー

剃るなら、カミソリよりも電気シェーバーが安全。1本持っているといろいろ使えます。特におすすめしたいのは、I字型のシェーバーです。

メ リ ッ ト

アンダーヘア周辺の皮膚は、デリケートな上に凹凸があるので、カミソリで剃るのは危険が伴います。I字型の電気シェーバーは肌を傷つけにくい仕様になっているので安心。ある程度はさみでザックリ切ってから、電気シェーバーで整えるとやりやすいです。

デメリット

剃るタイプの除毛処理は、毛が伸び始めるとチクチクしやすいのが難点。またいずれ伸びてくるので、定期的にちん毛を処理しなければならないので面倒かも。

ヒートカッター

毛先のチクチク感が気になるなら、ヒートカッターがおすすめ!

メ リ ッ ト

熱で毛先が丸くなるため、剃ったりカットする時のようにチクチクしにくいのが特徴。また、肌に直接触れないので肌あれの心配がありません。

デメリット

処理する時に時間がかかるので、結構面倒くさいかも。また、熱処理するため焦げ臭いのもデメリットです。

ワックス脱毛

女子に人気のブラジリアンワックス脱毛。もちろん男性も利用できます。

メ リ ッ ト

ワックス脱毛は、パイパンはもちろんちん毛のデザインや薄さの希望もある程度相談できます。1回の施術で理想のアンダーヘアが完成するので、すぐちん毛をどうにかしたい時に便利。

デメリット

ワックス脱毛は、ワックスを塗って剥がす行為のため、痛みがあるのがネック。ただ、プロは痛みを最小限にするテクニックがあるので初めてワックス脱毛を利用するなら専用サロンの方がいいでしょう(ただし、女性スタッフが対応することが多いようです)。セルフで行うと、ちん毛のボリュームの調整が難しいかもしれません。

メンズ脱毛サロン

メンズ専用のサロンは、女性の目を気にせずに脱毛できることからどんどん増えています。メンズ脱毛サロンでは、男性スタッフが対応してくれるサロンも多いので、恥ずかしさもあまり感じずにすみます。

メ リ ッ ト

肌を傷めずに少しずつムダ毛を減らすことが可能。ムダ毛のボリュームを減らすのはもちろん、ここを残したい、ここは全部処理したいなどの希望もある程度対応してくれます。

デメリット

脱毛サロンは、光脱毛という方法で施術します。肌に負担をかけない脱毛方法ですが、効果を実感するまでは少なくても10回以上は通う必要があるので、料金の高さが気になるところ。

医療脱毛

早くちん毛を減らしたい人におすすめなのが、医療脱毛。レーザーでの処理になります。

メ リ ッ ト

脱毛効果が抜群で、510回程度でかなりちん毛がスッキリする人がほとんど。煩わしいムダ毛処理の必要がなくなります。

デメリット

アンダーヘア周辺は肌が敏感なので、出力の高いレーザー脱毛は痛みを伴います。痛み対策のために麻酔を使う方法もありますが、麻酔代は別料金。保険対象外のため、脱毛費用は高額になる傾向が。

やってはいけないチン毛の処理方法

ちん毛の処理方法には、他にもやり方がありますが、次の方法は場所が場所だけに止めた方がいいです。

・除毛クリーム

・毛抜き

まず除毛クリームは基本的にアンダーヘアには使えないものがほとんどです(中にはアンダーヘアも使えるものもありますが、少ないです)。毛を溶かすほどの強力な薬剤が使われているので、デリケートな場所には不向きです。

毛抜きは毛穴のブツブツや腫れ、埋没毛などのリスクがあり、肌が丈夫な部位にも本当は使いたくないアイテムです。ちん毛に悩むということは、毛の量も多いはず!ということは、全部処理するのはかなり根気が必要になり、あまり現実的ではありません。

 

こんな人にはこのチン毛処理がピッタリ!

どの方法も、メリットだけでなくデメリットがあります。その中で、おすすめの方法はズバリこの方法!

おっ、なるほど

お金をあまりかけたくない・コッソリちん毛を減らしたい
電気シェーバーヒートカッター

イベント前、デート前で急いでいる ⇒ ワックス脱毛

ちん毛のお手入れが面倒、お金をかけてもちん毛をキレイにしたい
メンズ脱毛サロン医療脱毛

常にスッキリしたアンダーヘアを保ちたい ⇒ 医療脱毛

「たかがちん毛」と思ってしまいますが、大切な人に引かれてしまうならきちんと処理した方がいい。ちん毛が減ることで蒸れを防げるし、 アレを大きく見せることだって可能 
ラブタイムを楽しむためにも、一度処理してみては?

-部位別ムダ毛処理

Copyright© メンズ脱毛最前線 , 2018 All Rights Reserved.