脱毛クリームでヒゲ脱毛してみたら肌が日根日根

ヒゲ脱毛

脱毛クリームでヒゲ脱毛はできるのか?メンズ脱毛クリーム調査してみた結果

投稿日:

脱毛クリームは、塗るだけですぐその場で脱毛できるので、脱毛サロンやクリニックに通う手間が無く、家で自分でできるのが魅力です。

「髭も脱毛クリームで脱毛できれば楽だよな!」とヒゲで悩んでいる人は一度は考えたことがあると思います。

根元から溶けてなくなるので、うまくいけば青髭だって解決してしまうという噂もあり、これは良い方法なんじゃないかなと思って調べてみました。

脱毛クリームの脱毛の仕組みは?

まず、脱毛クリームってどうやって毛を処理しているのかについて知らないと、そのリスクも分からないですよね。

そこで、仕組みや、成分を調べてみました。

脱毛の仕組みは、毛というのはタンパク質でできていて、それをアルカリ性の物質で溶かしてしまうというものでした。

そのために使われている成分は、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分でタンパク質を溶かすという性質を持っています。

これチオグリコール酸カルシウム自体がアルカリ性ですが、さらに働きやすくするためにアルカリ性の化学物質が添加されている場合もあります。

これらが毛穴の奥まで浸透して、毛根に近いところまで毛を溶かしてしまうので、きれいに脱毛(除毛というべきかもしれませんが)できます。

その結果肌の中の毛まで取れるので、カミソリで剃った後も青く見えてしまう剃り跡も防げるというわけです。

そこで、ん?!と思うのが肌は大丈夫なの?ということ。肌は弱酸性ですので、当然アルカリ性で肌が痛むのではと考えるのが普通です。

そう、それってリスクもあるんじゃない?のと普通思いますよね。

案の定、肌もたんぱく質でできているわけですので、肌のたんぱく質も溶けてしまっていることは確かなようです。

この肌のダメージをなるべく改善させるために、脱毛クリームには、保湿成分など色々なものが含まれています。

ここまでのまとめ

  • 肌の中の毛まで除毛できるから青髭解消が可能。
  • 少なからず肌を傷めるリスクが存在している。

ところで髭用の脱毛クリームってあるの?

さあ、脱毛クリームの効果とリスクは分かったので次は髭脱毛に使える商品があるかということですね

脱毛クリームは沢山の種類が販売されています。

ヒゲ脱毛ということで顔にも使えることが条件の脱毛クリームとして探すとまず見つかりません。

そこで陰部にも使えるものであれば低刺激性であるのでどうかと思いまとめてみました。

ただし、それであっても顔に使用できないとされていることがほとんどなので髭脱毛に使うとしたら自己責任ということになります。

あくまで「顔の使用はできない」とメーカーが言っているので予めご承知おきください。

HMENZ(メンズ) 脱毛クリーム アンダーヘア使用可能 200g

グリチルリチン酸2K、アロエエキスなど、炎症・保湿成分として評判の高い成分を配合。

肌を保護するために加えている男性の陰部脱毛用のクリームです。

顔へのご使用はお控えくださいとなっていますので、ヒゲ脱毛に使うのは自己責任です。

 

使用方法

除毛しようとする部分に少量塗って10分程度放置し、赤み、かゆみ等の刺激がないか、確認。

適量を手に取り、処理する部分の毛の根元にムラなく毛が隠れるくらい塗って10分間放置します。

ティッシュ等で軽くふき取り、水かぬるま湯でよく洗い流す。毛を処理しきれなかった場合は、1日置いて再度処理する。

男の除毛クリーム 200g

剛毛・ムダ毛に悩む全ての男性へ【メンズ専用】除毛クリーム 男の除毛剤 200g です。

ワキやビキニラインにも使えますがこれもやはり顔には使ってはいけないと書かれていますので、やはりヒゲ脱毛に使うのは自己責任です。

安心の日本製・低刺激、顔面、損傷等、腫物、湿疹、ただれ、その他炎症を起こしている部位には使用しないこと。

使用方法

適量をとり、除毛処理をしようとする部位に、毛が覆われるくらいの厚さに塗ります。5部から15分間放置後ヘラあるいはティッシュ等でとり除き水またはぬるま湯で洗い流す。

 

フィス ホワイトリムーバークリーム 脱毛クリーム 陰部 使用可 150g

こちらは女性用ですが、VIOにつまり陰部の上毛にも使える低刺激性の脱毛クリームです。

ただし顔に使っていいとは書いていないので、やはり自己責任です。
女性用ですが、男性でも使っている人はいます。

陰部にも使えるので刺激は少ない方です。ただパッチテストはしないといけません。
髭脱毛クリームではないので、あくまで自己責任です。

 

使用方法

肌が見えないくらいの厚さに塗って、5~10分間ほど塗布したまま放置し、ガーゼなどで優しくふき取り、しっかりと洗い流します。

 

フィス 美白 メンズ 脱毛クリーム 除毛クリーム 200g

フィスにはメンズ用の脱毛クリームもあります。基本的な成分は女性用とほとんど同じようです。

陰部 陰毛 VIO デリケートゾーン アンダーヘア もOKの低刺激性ですが、やはりヒゲ脱毛はダメと書いてあります。

効果のあるなしに関わらず、顔へのご使用はNGとさせて頂いております。ひげ用ではございませんとありますので、脱毛効果はあるかもしれないけれど、肌を傷めるのでダメだということですね。

使い方は女性用と同じなので省略します。

 

メンズ専用 除毛クリーム TheプレミアムEPI 500g

こちらは大容量タイプのメンズ脱毛クリーム。全身毛深くて全身の除毛をしたい人にはコスパがよさそうです。

こちらも男性vioデリケートゾーンも対応できる低刺激性の脱毛クリームです。

ただし同様に顔面、損傷等、腫物、湿疹、ただれ、その他炎症を起こしている部位には使用不可となっています。

使用方法

適量をとり、除毛処理をしようとする部位に、毛が覆われるくらいの厚さ(1~3mm 程度)を塗り、 5~15分間放置したのち、ヘラあるいはティッシュ等でとり除き、水またはぬるま湯で洗い流す。

ここまで調べ共通して言えること

低刺激来の脱毛・除毛クリームでも顔の脱毛は不可とされています。 やはり脱毛効果があるとしても肌トラブルのリスクが高いためメーカー側は顔には使用禁止となっているようです。 メンズ脱毛クリームでも女性が使ってもOKとなっているので、逆に女性用でも男性が使っても(顔は除く)問題ないようです。

ついに見つけ顔用の脱毛クリーム!?

やっぱり顔に使える脱毛クリームってないのか・・・と諦めかけたころ、ようやく顔用という商品を見つけました。

スポルンホワイトウブピールパック 」という商品です。ただどうも脱毛クリームというよりもパックのような物らしく、女性の顔の産毛を除毛するというもののようです。

口コミなどをみても、あまり脱毛力はなさそう・・・顔に使えるようになっているということは、それだけ肌に優しいものしか入っていないということですね。

残念ながら、男性のヒゲ脱毛の効果はなさそうです。

使用方法

チューブからクリームを出し、顔に塗ってはがすだけ。肌にパックが残った場合は、コットンに水などをふくませて、やさしく拭き取る

うぶ毛をケアし、その後はトリプル大豆の力(*ダイズエキス、ダイズ発酵エキス、ダイズステロール)で強力アフターケア。

他に顔脱毛に使えるものは無いかと調べていたところ、脱毛クリームではなく、脱毛ワックスシートを見つけました。

塗って引きはがす脱毛方法として、体用があるのは知っていましたが、まさか顔用の脱毛ワックスがあるとは驚きです。

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート1.5mmほどの短いムダ毛、生えかけの毛を毛根から簡単に抜き去ることができるという脱毛ワックスシートです。

口元、頬、あご周りに使用可能、顔のほかにあし、うで、わきの下、ビキニラインにも使用可能となっています。

ただこれもやはり女性用の産毛脱毛用す。そうなると、男性の濃く太いヒゲを脱毛できそうには無いですね・・・

ワックス脱毛は毛を引っこ抜く脱毛方法ですので、ヒゲはやっぱり痛そうだし、そこまで粘着力はなさそうですよね

 

使用方法

ワックスシートを適度な大きさに切り取り、1組のワックスシートを両手に挟み軽くこするようあたためます。

2枚1組のシートをゆっくりとはがして1枚にし脱毛したい部位に1枚のシートを毛の流れにそって肌に貼ります。

毛の流れとは逆の方向に、シートを180度ひっくり返し、お肌にそうように、一気に(瞬間に)はがします。

使用後、ふきとりシートでお肌をきれいにします。

ここまで調べ共通して言えること

顔にも使える脱毛グッズを見つけたけれど・・・結局髭脱毛には効果がない商品しかありませんでした。

脱毛クリームでヒゲ脱毛してみた

ダメとわかっていても、やっぱり試さずにはいられない。

あくまで自己責任なので真似はしないでください。

脱毛クリームで、即髭脱毛できたら、とっても便利だなあ・・・と思ってトライしてみたくて仕方がなかっただけです。

試してみると、塗って、少し放置して、軽くタオルで拭きとろうとしました。

あれ、とれないい・・・っと思って、仕方なく力を入れてごしごししました。

すると、「おおっ」ていうくらい、髭がなくなっていくではありませんか!

これは、すごい~、剃ったときよりもなんかきれいになりました。

髭剃り後の青髭よりずっときれいになっているのです。

なんだ、行けるんじゃない!」そう思って有頂天になったいたのですが・・・

30分後、なんかひりひりするぞ・・・と思いもう一度鏡をのぞいたみると・・・

げっと思うくらい、塗ったところが赤くなっています。

強くこすってしまったのも悪かったのかな思いながら、アイスノンで冷やしました。

しかし、数時間たっても、赤味はひかず、よけいにヒリヒリしだしました。

オロナイン難航を塗ったり、しましたが・・・

赤味が引くのに、1日ぐらい費やしました。

いや、これ休みの日だったからいいものの、外出られないじゃんと思った次第です。

そのまま使っていたら、肌がひどくなりそうなので、もうやりません!

やっぱり脱毛クリームって顔に塗っちゃだめなのねと実感した次第です。

まあ、強靭な肌の人とかは大乗なのかもしれないけれど・・・

酷いことになって、外歩けなくなったり、皮膚科に行く羽目になったりしたら、元もこもないですね。

やっぱり髭脱毛は、脱毛クリニックや脱毛サロンでやかなきゃだめったことですね。

-ヒゲ脱毛

Copyright© メンズ脱毛最前線 , 2018 All Rights Reserved.